介護 杉並 求人 | 株式会社クールヘッド 介護事業・ウォームハート

社員紹介1 趣味の手芸やカメラ。これも立派な介護の武器になるんです。

HOME > 採用情報:社員紹介①

社員紹介1 上條由莉 介護ヘルパー / 2013年入社

「きれいごとかもしれないけど、貫きたいんだ」

大学で福祉の勉強をしていました。就職活動ではデスクワークより、頭も体も動かして人と接する仕事がしたい。そう考えていたところ、ウォームハートに出会いました。介護に興味があって、そのなかでも一人ひとりに合わせた介護ができる訪問介護が自分には合っているなあと思っていたんです。面接で社長の戸嶋がこんなことを言ったんです。「常に理想の介護を目指していたい。きれいごとかもしれないけど、貫きたいんだ」熱く語っていたその言葉に、すごく共感した。ここで働きたい。そう直感したんです。

その人の部屋を見渡せば、どんな人か分かる。

先輩たちに比べたら、私はまだ未熟です。経験もスキルもない。ときには丁寧にやりすぎて時間内に終わらなかったり。でも、その分、コミュニケーションでカバーするように頑張っています。ご利用者さまから見たら、私は孫みたいなもの(笑)。だから懐にも入りやすいんです。部屋中に目を巡らせて、その人がどんな人なのか、どんな趣味があるのか、会話の糸口を探す。パッチワークが部屋の片隅にある方には手芸を教えてもらったり、カメラが好きな方には、自分が撮った写真をお見せして「まだまだだな」とアドバスをいただくことも。たわいのない会話から、少しずつこころの距離が縮まっていく。そうすると、介護の質も満足度も自然と上がっていくんです。

ウォームハートには、女子会がある。男子会もあります。

やる気の源は、すごくありきたりになってしまうんですが、ご利用者さまやそのご家族からの「ありがとう」のお言葉ですね。もうひとつは、ウォームハートというチームへの責任。ウォームハートは先輩の皆さん全員、本当に仕事が丁寧なんです。だから、自分のせいで評判を下げるわけにはいかない。皆で高め合っていかないといけない。そんなここちよいプレッシャーがあるから、大変なときでも頑張れるんだと思います。それに皆、仲がいいんですよ。よくご飯会もします。女子会もあれば、男子会もある。なぜか最近は男子会のほうによく呼ばれています(笑)。尊敬できる人たちに囲まれて、本当に喜ばれる介護ができる。ここは最高の環境ですね。

ご利用者さまの生活は、一人で支えられるほど、軽くない。だから、チームで支えます。 西塚友美 サービス提供責任者 / 2006年入社